レビュー

ファストドクターの交通費は無料じゃないけど子供の急病時は神レベルに便利!レビュー

ファストドクターの交通費は無料じゃないけど子供の急病時は神レベルに便利!レビュー

ファストドクターの交通費は無料ではありません。

交通費は最大960円かかりますが、夜間や休日に子供が体調を崩したときは心強い味方☆

ママの体調不良で子供を連れて出られないときも利用できます^^

子供の場合は医療証の提示、高齢者の場合は高齢者受給者証の提示で自治体の助成等が適用されます

私は双子妹が夜間肘内障になったときに利用したのですが、アプリから往診依頼をしたあと家で医師を待つだけで良かったので気が楽でした。

診察と交通費以外の費用はかからず、アプリも無料で利用できるのでダウンロードしておくと安心です♪

ここではファストドクターで支払った料金と、アプリを使ってみたレビューを紹介します。

完全無料

>>無料で今すぐアプリをDLする<<

▲DL後すぐに依頼可▲

ファストドクターの交通費は無料ではない!計算方法を紹介

交通費は1km30円で計算され、最大960円なので交通費が多額にかかる心配はないですよ^^

ファストドクターのアプリ自体は無料で使えますが、往診を申し込んだ場合次の2点について費用が発生します。

  • 診療費(薬代含む)
  • 交通費

診療費はどのくらい?

ファストドクターの診療費の目安診療費は

  • 診療内容
  • 診察を受ける人の健康保険の負担額
  • 何時に診察を受けたか

などで変わります。

公式サイトでは救急病院と夜間往診の比較が掲載されていますが、必ずしもファストドクターが高いわけではないことに驚きました。

ファストドクターアプリを使ってみた!レビュー

実際に双子妹の肘内障でファストドクターを利用した時の話を交えてレビューをしますね^^

ファストドクターは医師が往診してくれるアプリ

ファストドクターは行政と連携し医師が往診してくれる救急往診診療サービスです。

全国の医療機関から構成されている時間外救急のプラットフォームで、症状に応じて以下の対応をしてもらえます☆

対応範囲
  • 119番連携
  • 医師による緊急判定(トリアージ)
  • 地域の救急病院紹介
  • 夜間休日往診
  • オンライン診療
  • 医療従事者による医療相談

病院が閉まっているときの体調不良はタクシーを使って時間外救急に駆け込んだり、長時間待たされたりしんどいことが多いですが、そのようなデメリットが一気に解決できます。

冒頭でも書きましたが、子供を連れてすぐに動けないママと子供も利用しやすいですね☆

場合によっては以下の検査や処置も受けることができますよ。

  • 血液検査
  • PCR検査
  • インフルエンザ検査
  • 溶連菌/アデノウィルス検査
  • 縫合
  • ポータブルレントゲン
  • ポータブルエコー
  • 耳鏡(中耳炎などの観察)

ダウンロードするだけですぐに使える

ファストドクターのアプリ画面

ファストドクターはダウンロードして住んでいるエリアを選択するだけで、すぐに使えます^^

エリア選択をしたときに対応エリアかどうかもすぐわかりますよ!

もし対応エリアでない場合は、会員登録をするとエリア拡大時にお知らせを受け取ることができます。

会員登録(無料)時に必要なもの

  1. 電話番号(SMS認証)
  2. 住所、名前
  3. 性別、生年月日

>>無料で今すぐアプリをDLする<<

往診可能時間

ファストドクターのアプリ画面
往診可能時間
  • 月曜~土曜…18:00~翌6:00
  • 日曜・祝日…6:00~翌6:00

対応エリアの場合往診受付中かどうかや、キャンセル待ちなどもわかります。

往診を申し込む

ファストドクターのアプリ画面受け付けはアプリと電話が選択できます。

アプリの場合は電話番号を入力するとオペレーターから電話が、自分で電話した場合は通話料無料でオペレーターにつながります^^

オペレーターから問診

オペレーターとつながったらトリアージといって緊急性の判断や、問診があります。

ここで詳細を伝えます♪

私は双子妹が腕を抑えて「痛い」と泣きわめいている旨、そうなった状況を伝えました。

往診の場合往診時間や担当医師などを聞く

往診が決定した場合は、事前に往診時間や担当医師を聞くことができます。

予め知ることができて不安が少なくなりました^^

最短15分で医師が訪問してくれる

肘内障のイラストあとは医師が訪問してくれるのを待つだけ。

医師はドライバーと一緒に訪問してくれるので、駐車場を確保する必要もなし。

最短15分で来てくれ、本人確認をしたら診察開始です。

我が家はすぐに肘内障だと判明し、整復してもらいました。

丁寧に対応していただけて感激でした><

  • しんどい時に病院の待合室で長時間待つ必要がない
  • ほかの患者への配慮や感染症への心配がない
  • 子供の対応がしやすい

特に子供の体調不良はグズついたり嘔吐への対応や、ずっと抱っこする負担がありますが、自宅では周りに配慮する必要がないところがいいなと思いました^^

娘が「痛い痛い」と泣きわめいて車に乗せることも躊躇したので自宅に来てもらえて本当に有難かったです☆

>>無料で今すぐアプリをDLする<<

薬の処方がある場合、その場でもらえる

医師は80種類以上の薬と処置や検査に必要なセットをスーツケースで持参してくれるので、その場で薬の処方もしてもらえます。

薬代は診察費用に含まれていますよ^^

支払いはキャッシュレス

ファストドクターの支払いは診察時ではなく後払い(NP後払い)です。

請求書発行後14日以内の支払いなので、体調が回復してからでOK。

体調が悪いときはとにかく休みたいので、このような配慮も嬉しいですね^^

MP後払いの支払い方法
  • コンビニ
    (ローソン、ファミマ、セブンイレブン、デイリーヤマサキ、ニニストップ、ポプラ)
  • 銀行
  • 郵便局
  • LINE Pay
  • その他全国の大手コンビニ

NP後払いは別途200円手数料が必要です

>>無料で今すぐアプリをDLする<<

ファストドクターの口コミを調べてみました!

ファストドクターを利用した口コミを調べてみましたよ!

悪い口コミ

ファストドクターは法律によって提携医療機関から半径16km以内と決められています。

そのため現在はまだ大きな都市やその周辺しか対応していませんが、提携医療機関が増えている最中なので順次エリア拡大もしていますよ^^

家の中の状態や、料金についても口コミがありましたが「医師に自宅に来てもらう」という観点で見ると多少は仕方ないかなと思います^^;

体調不良時のストレスなく、一刻も早く診察してもらえるという点を評価すると、デメリットは受け入れられる範囲かなと私は思います☆

良い口コミ

いい口コミは

  • 乳児~子供
  • 1人で動けない人
  • 高齢者

が多かったです。

私も双子を連れて動けない夜間だったので、子育て中のママには支持されている理由がわかります^^

ほかぎっくり腰や急な発熱など、動けない状態に陥った人からの口コミも多くありましたよ^^

>>無料で今すぐアプリをDLする<<

ファストドクターを利用するメリットとデメリット

ファストドクターを利用するメリットとデメリットを書き出してみました☆

メリット
  • 夜間や休日の病院が閉まっている時間帯に診療が受けられる
  • 保険適用で、依頼時にだいたいの費用が聞ける
  • 事前に医師の情報が聞ける
  • 医師が自宅に訪問してくれ、検査や薬の処方もしてくれる
  • 支払いがキャッシュレスなので持ち合わせがなくても依頼できる
    (薬代は診療費に含まれています)
  • 経過観察が必要な場合アフターフォローしてくれる
  • 2回目以降は症状の入力のみでOK
デメリット
  • アプリはスマホが使えないと依頼できない
  • 夜間・休日加算があるため通常の診察より割高
  • 交通費がかかる

私個人的には、医療機関が診察をしていないときだからこそ往診してもらって安心したという経験があるので、デメリットよりメリットのほうが多く感じました。

休日や夜間の診察は、科によっては救急センターでやっていないこともあります。

ファストドクターのアプリは自分で病院を調べて電話確認をする負担がないし、「子供のしんどい時間が最低限」で診察してもらえたので万が一の場合は、また利用したいと思っています^^

アプリを持っていると安心にもつながるので、気になった人は対応エリアか確認してみるのもいいと思いますよ☆

>>無料で今すぐアプリをDLする<<