双子育児

アモーマミルクアップブレンドの効果を最大限に引き出す方法

アモーマミルクアップブレンドをただ飲むだけでなく、効果を最大限に引き出す方法を紹介します。

私は超低出生体重児の双子ママで、産後4か月間アモーマミルクアップブレンドを飲みました。

アモーマミルクアップブレンドは母乳が出ると評判が良いハーブティーですが、ただ飲むよりも効果を引き出せる飲み方があります。

赤ちゃんにおっぱいを飲んでもらうとママは幸せホルモンが出て穏やかに。

長くたくさん飲んでもらうためにも母乳が出にくくなる理由をきちんと知って、効果的な対策をしましょう!

\100%オーガニック/

▲ノンカフェインで安心▲


アモーマミルクアップブレンドの効果を最大限に引き出す方法

アモーマミルクアップブレンドのパッケージアモーマミルクアップブレンドは母乳に良いハーブ(後述)を使用していて、母乳量をアップさせたいママが対象の商品なので飲むだけでも母乳量に良い効果があります。

しかし同じ飲むなら効果を最大限に引き出したいですよね!

ということで飲むときのポイント、より効果を引き出す生活習慣をピックアップしました!

1日3回、毎日(継続的に)飲む

アモーマミルクアップブレンドのティーバッグアモーマミルクアップブレンドはティーバッグ型のハーブティーです。

継続的に飲むことが母乳量の維持やアップに効果的。

授乳は1日8回くらいから始まり、日中/深夜関係ありません。

1日3回飲む決まりはありませんが、お茶代わりに飲むことができるので可能であれば朝、昼、夜飲むことをおすすめします。

ホットで飲む

アモーマミルクアップブレンドをマグカップに淹れたところアモーマミルクアップブレンドはホットでもコールドでも飲むことができます。

冷えたものを飲むと、身体が冷えて母乳量の減少につながるのでおすすめはホット。

アモーマミルクアップブレンドに記載されている美味しい飲み方パッケージ裏の「おいしい飲み方」にもホットでの作り方が記載されています。

まーこ
まーこ
ティーバッグを入れっぱなしにすると苦みが出るので、出し終わったらティーバッグを取り出そう

ティーバッグ1つあたり200~500mlの湯で出しますが、200mlだと割と濃いので自分の飲みやすい濃さに調節してくださいね。

目盛り付きのティーポットを使うと便利です。

アモーマミルクアップブレンドはどんな味?

ハーブティーを飲みなれていない人は少し苦みやクセを感じます。

ルイボスティーが飲める人は問題なし。

ホットだと苦みやクセを感じやすいので、食事時の飲み物にしてもいいですよ!

授乳時の赤ちゃんの抱き方を変える

横抱き出抱っこされる新生児授乳スタイルといえば横抱きがポピュラーですが、横抱きだとおっぱいの決まった部分の母乳しか吸ってもらえません。

おっぱいは母乳を吸われると次の母乳を生産するので、おっぱい全体の母乳を吸ってもらうことで全体の生産量がアップします。

いろいろな方向からおっぱいを飲ませると効果的ですが、飲ませにくいのがおっぱい側面(外側)の母乳。

フットボール抱きといって赤ちゃんを脇に抱えるように授乳すると側面の母乳を吸わせることができます。

吸われないと生産されなくなり母乳全体量が減少するので、立て抱きや斜め抱きなどいろんな抱き方をしてみてください。

フットボール抱きなんて難しいよ!という場合は次で紹介している母乳マッサージに行くのも手!

母乳マッサージを受ける

机の上に置かれたカルテ母乳の出が悪いなと思ったら迷わず母乳外来で行っているおっぱいマッサージをおすすめします。

母乳の出が悪いのは、決まった部分の母乳しか出ていないことも1つの原因です。

助産師に乳腺を刺激してもらうことで、詰まりが取れたり古い母乳が出るので新しく母乳生産をすることができます。

おっぱいマッサージを自分でやるのもいいですが、これがなかなか難しいんですよね。

まーこ
まーこ
私は週1回、合計7回通いました!

助産師にマッサージしてもらうとあり得ないくらい出てさらに生産量がアップします。

水分をよく摂取する(カフェインNG)

テラスのテーブルに置かれたコップ2杯の水母乳は血液からできていて、血液は水分が多いので水分摂取は必須です。

夏は5L、冬場でも3Lの摂取が推奨されています。

水分だけを頑張って摂取しようとするとしんどいので、アモーマミルクアップブレンドで同時に摂取したり、水分の多いフルーツなどを食べるなど工夫をすると効率よく摂取できます。

ウォーターサーバーはおいしい水が手軽に飲めるので子供が小さいうちだけ利用するのもいいですね。

母乳にはママが食べたものがそのまま移行されてしまうのでアルコールはもちろん、カフェインにも注意する必要があります

油脂類を控え根菜を食べる

ケーキ類や脂っこい食事は乳腺を詰まらせる原因になるので控えるに越したことはありませんが、根菜は身体を温めたり母乳の出をよくするので毎日少しずつ食べるといいですよ!

根菜のおすすめの食べ方
  • 筑前煮
  • 具だくさん味噌汁

私はたくさん作って冷蔵庫に常備していました!

アモーマミルクアップブレンドとの相乗効果はあったと思います。

\初回300円OFF/

▲いつでも解約可能▲



母乳が出にくくなる原因5選

母乳が出にくくなる原因は5つあります。

物理的な母乳減少だけでなく精神面にも影響するので母乳量が少ないと感じている人はチェックしてみてくださいね!

冷え

花びらを浮かべた浴槽冷えは授乳中のママにとっては大敵です。

冷たいものは内蔵を冷やすのでもちろんNGですが、冷えは血液循環が悪くなり母乳が出にくくなります。

産後はホルモンの変化で普段以上に冷えやすく、体温調節もしにくくなっていることを知っている女性は少ないです。

身体を温めたり、温かいものを食べたりすることを心がけてくださいね!

ストレス

机に突っ伏すロングヘアの女性ストレスは目に見えないので気づきにくいですが、母乳量に影響します。

母乳が出にくいプレッシャーも母乳量に影響するのでストレスはなるべく避けたほうがいいです。

ストレスをうまく発散できないママやストレスがあるかよくわからないママは、ほかの原因からチェックしてみてくださいね!

睡眠不足

窓の外に向かって背伸びをする女性睡眠不足になると健康な状態の人でもイライラしたり憂鬱になります。

産後は赤ちゃんに合わせた生活サイクルで、3時間ごとの授乳といえどゲップをさせたり吐かないようにしばらく抱っこするなどをしていたらママの睡眠時間は1時間ないこともざら!

周りにサポートがあれば別ですが、ないと本当に辛いです。

慣れない育児だと睡眠不足はとくに深刻なので、赤ちゃんが寝たらとにかく寝たり、産前産後サポートやファミサポなどを利用しながら対策をしてくださいね!

双子育児は産前産後サポート・ファミサポが身近|利用体験を紹介双子育児の支援の種類について以前紹介しましたが、今回はその中でもファミリーサポート=ファミサポ・産前産後サポートの利用体験を紹介します。...

食生活

1本のフォーク授乳中はバランスのいい食事を心がけて、温野菜や肉魚、根菜を意識するといいですよ!

こんな食生活は母乳が出にくくなる
  • 水分不足
  • 油脂分をたくさん摂取する生活
  • 生野菜など冷たいもの

授乳期間は限られているので、母乳をあげたいママは授乳期間の食事に気を付けましょう。

授乳回数が少ない

英字新聞の上に置かれた砂時計母乳は乳腺を刺激しないと生産されません。

授乳回数が少なくなると「もう卒乳かな?」とおっぱいが勘違いし母乳の生産を減らしてしまいます。

出ないと回数を減らしたくなる気持ちはよくわかりますが、授乳回数や時間を決めて、定刻で授乳することが母乳量アップにつながります。

 

\送料無料は定期のみ/

▲いつでも解約可▲



母乳が出にくくなる時間帯や時期があるって本当?

腕を組んで考える女性実は母乳には、出にくい時間帯や時期が存在します。

夕方になると母乳が出にくくなる

夕方はママの身体は1日の疲れが出たりストレスが溜まっていて、思っているほど母乳が出ないと感じている人が多いです。

赤ちゃんの黄昏泣きが加担するとどっと疲れますよね。

少しでも対策をするなら、朝昼しっかりと食事と水分をとりましょう。

生後4か月頃

生後4ヶ月になると、赤ちゃんの首が座ります。

授乳の感覚も空いてきて、機嫌がいいと1人で遊ぶことも。

でもこの授乳の感覚があくことが原因で、母乳が出にくくなることがあります。

赤ちゃんが吸わないと母乳は生産されないので、ママの気持ちは複雑だけど母乳が減っているかも?と感じたときは生活を見直してみましょう。

生後6か月頃

離乳食を食べる外国人の赤ちゃん生後6ヶ月頃は離乳食を始める時期。

離乳食が始まるとごはんに興味を示したり授乳時間が減ったりして、母乳が出にくいと感じるママがいます。

もう少し月齢が進んでいると断乳に向けてのステップが踏めますが、生後6か月だとまだちょっと早くて悩みがち。

私のおすすめは、アモーマミルクアップブレンドは産後10か月くらいまでは飲むことです。

【体験談】アモーマミルクアップブレンドは早産ママにも効果がある?

アモーマミルクアップブレンドのパッケージおすすめしておきながら私は産後4か月間しかアモーマミルクアップブレンドを飲んでいません。

子供が双子で、しかも超低出生体重児で生まれたからです。

早産ママは母乳が出にくい

寄り添って寝転ぶ生後5か月の女の子の双子の赤ちゃん

本来妊娠期間は10か月間あり、母乳は10か月経つ頃にきちんと生産されるようになります。

だけど早産だったママは母乳がまだ作れる状態ではないので、最初はとても母乳が出にくいのです。

早産だからといって母乳をあげ始める時期はほかの赤ちゃんと変わりません。

赤ちゃんの体調が良ければ初乳から飲ませることになりますが、(どれだけ早いかにもよりますが)早産児は母乳を吸うことができない場合もあります。

私がこれに当てはまっていたので最初からつまづきました。

生まれたばかりの超低出生体重児の双子の赤ちゃん我が家の双子は26週(850g・900g)で生まれ、生まれてしばらくは絶食でした。

私も最初は全くでなくて、マッサージをしてやっと1cc出ました。

双子も最初に飲めたのはなんと1ccだけ。

2時間おきに1ccをチューブで通していて、直接母乳をあげたのは生後2か月経った頃でした。

搾乳した母乳産後2か月間、搾乳をしながら病院に冷凍母乳を届け、自身は母乳量が減らないように母乳外来にも通いましたが…双子はいつの間にかほかのママの母乳をもらっていましたw

(早産児はミルクよりも母乳のほうがいいので、予め母乳不足時の対応にサインしていました)

調子が悪いと写真くらいの量しか出ないこともある、母乳外来で泣いたことも。

双子の時点で完母は無理という頭があってさらに早産になってしまい、生後2か月くらいの頃には混合栄養でした。

生後3か月で退院して、4か月までは混合頑張りましたが無念、双子ワンオペの壮絶さに負けて完ミになりました。

早産でもアモーマミルクアップブレンドは効果があった

耐熱ガラスに入ったアモーマミルクアップブレンド私はもちろんここに記載している母乳対策は行っていましたが、ただ飲むだけで対策ができるというのは魅力的だと思います。

実際筑前煮を作ったり3時間ごとの搾乳を1人で続けるのはしんどかったですが、母乳量が劇的に増えることはなくても劇的に減ることもなかったのはアモーマミルクアップブレンドのおかげだと思っています。

無理して母乳をあげる必要はない

双子が退院するまでの3か月間は、姉が手術をしたり、GCUに行ってはまた不調でNICUに戻ったり、普通では経験しないことが多々ありました。

3時間ごとの搾乳だと夜中起きることもあるので、「子供がそばいないのに、子供の体調が不安定なのに張るにおっぱい」にイライラしたり悲しんだことも何度もあります。

今思えば精神削ってまで無理しなくてもよかったのかなと思いますが、結果的に後悔せずに本当に出なくなるまで母乳をあげられたことはよかったです。

ぶっちゃけ最後はアモーマミルクアップブレンドを飲んでいても、根菜を食べていても、母乳は出なくなりました。

それは1人に授乳していてももう1人が泣いている状況を何とかしたい焦りもあれば、2100gで退院したので早く大きくなってほしい気持ちもあってミルクを飲ませたい願望もあったので、出なくなったことに対して申し訳なさも何もありませんでした。

どうしても続けられないときは思い切ってミルクにするのは全然いいと思います。

ママが気楽になることが赤ちゃんにとって大事なのだから。

アモーマミルクアップブレンドまとめ

上向きの矢印の上に乗って喜んでいる女性のイラスト

母乳を増やしたいママはアモーマミルクアップブレンドは人気でおすすめですが、私自身が4か月で母乳をやめてしまったので説得力に欠ける文章になってしまいました。

でも4か月間の授乳やアモーマミルクアップブレンドを飲んだことが貴重な体験だったし、アモーマミルクアップブレンドが搾乳や授乳のモチベーションの1つになったことに偽りはありません。

自分が信じられること、良いと思えることを行うと結果はついてくるし、もし今母乳量に悩んでいるママがいたら真っ先にアモーマミルクアップブレンドと合わせてここで記載した内容をすすめたいです。

授乳中のママみんなが笑顔で母乳継続できますように。

\貯まったポイントで商品購入可/

▲お客様満足度95%▲